このブログは仕事に明け暮れて、年間休日50日~60日のサラリーマンが、48歳になって「家族との思い出が作りたい!」と2018年12月2日に勢いで買った10年落ちハイエースバンコンで、ほぼ思いつきで出かけた旅とキャンカーに関する全記録である。
そもそも2連休は年1、2回、休日も直前に決まることが殆ど。そのため1日の休みをフル活用するために前日の夜に出発。翌日命一杯あそぶ。そんなキャンカーライフを続けてます。


Carグッズメンテナンス

2020年 カーパーツベスト3

ホテル郡上八幡

2020年はコロナのおかげで気軽に旅にも出かけられず、うずうずする毎日を送ったという方も多いと思います。

そういう私も行きたい所はいっぱいあるのに、家でキャンカーを眺める日が続きました。

こうなったら普段から気になっていた、メンテやパーツ交換などで気を紛らわすしかない。

そう思っていじりだしたら、気になる気になる。

結局コロナ続いたこともあり、色々と交換した年となりました。

・・・

そこで2020年に交換したパーツでよかったベスト3+αを書いていきます。

ベスト3 バックランプ交換

当初はLED化はどちらでもよく、少し明るくなるといいかなぁ~くらいの気持ちで交換したわけです。

それがですね、いざつけてみると明るい×2。

後ろの建物など今までよりはっきりと輪郭が見えるようになりました。

とくに山中など照明が一切ないところでは、当然ですがはっきりとします。

それなりに長いハイエーススパロンです。

少しでも明るい方がいいですね。

ベスト2 サイドカメラ

こちらも絶対につけないといけないものでもないのですが、ちょっと中国から個人輸入してみたのがこのサイドカメラです。

アラウンドビューモニターをいつでも映すというカメラを輸入しようと思いましたが、最近の中国は価格がかなり上がってきまして、ちょっとお高い。

とりあえず横が見えればOKというわけで、左右カメラを買いました。

最初は左右とも前を見ていましたが、右は必要ないだろうという事で右前を映しています。

下の家内がいるところを見てください。

映像にも映っています。

フロントピラーあたりにつけていますが、右前だけでなく運転席の真横まで魚眼レンズがカバーしてくれています。

交差点で右前方も見えるようになりました。

もちろん左への幅寄せも安心してできるようになりました。

峠道などで幅の狭い道路のすれ違いに発揮するでしょう。

ベスト1 ナビ

今年はナビを交換しました。

このブログでは紹介していませんでしたが、バックカメラの映像がなんだか曇ってきまして、カメラのせいだと思ってのぞき込みましたが、曇っている様子はありません。

ナビ本体に問題があるのか?・・・いやいやカメラの映りとは関係ないだろうと色々と頭をよぎりました。

まあ10年前のナビです。出かけると道なき道をよく走っていましたし、スマホナビを使っていましたが、電波などの影響でスマホナビがダメになるときが出るかもしれないと思い交換したわけです。

機種はデンソーのイクリプスAVN-R7Wです。

廃盤商品との事で、在庫処分品ですが10年前のナビに比べれば十分です。

特価価格という事もあって決定!

・・・

ハイエースはナビの後ろが狭く、配線の取り回しに少し手こずりましたが難なく設置完了。

タッチパネルになったことで操作が楽になりました。(指紋はいっぱいつきますがね)

いままではスマホのナビで頑張ってきましたが、やはり専用設計は使いやすく便利ですね。


番外編です。

ヘッドライトの曇りが取れたのが無茶うれしい出来事でしたので、ちょっと紹介します。

・・・

こちらのクイックヘッドライト クリアー コートです。

30分くらいでご覧の通りです。

曇っているとどうしても、古い車に見えてしまって気になっていました。

ちょ~簡単に曇りが取れるのでマジでお勧めです。

実際は写真以上にクリアーになっていますので驚きます。


パーツでリニューアルした2020年でしたが、ますます気に入った仕様になりました。

こうしていじっていくと気になるところが出てきます。

いまは真っ白なボディが気になります。

大柄なボディーで1色は何とも寂しくなってきました。

・・・

2021年もコロナは続きそうです。今年はそのあたりをちょっと触ろうと思います。

また近々お知らせしますね。