14年目になるご老体のハイエースキャンピングカーで出かけた、車中泊旅行・温泉・キャンプ・登山、それとメンテナンスに関する全記録です。色々と見ていってください!!
--記事内に広告が含まれています。--
三重

本草湯はリゾート施設VISONにふさわしい温泉です。

VISON 本草湯 三重

色々な温泉に行きましたが、かなり気に入りました。ここVISONの本草湯は、名前から分かる通り薬草湯なんですが、それだけでなく館内も温泉とは思えないほど綺麗でデザイン、湯室全体の材料からこだわっているのが肌で感じるのです。本当に心からリラックスできる良い温泉です。

VISONに車中泊してきまして、その受付も兼ねている温泉の本草湯にも入ってきました。
今までにないほどリラックスできた温泉です。

本当にいい温泉ってこんなにいいのか!と思えるほど癒されてきました。
詳細を書いていきますので参考に。

オシャレな空間。

VISON 本草湯

リゾート施設の温泉なので期待していってきました。

まずは受付。
ホテルの様な感じで、清潔感があります。
金曜の夜9時ですが、お客さんはちらほら少なめです。

受付で直接入湯券を購入。

入浴料は大人800円、子人400円
1,000円以上すると思いきや、良心的な価格です。

写真左手の改札にバーコードをかざして入っていきます。

VISON 本草湯

すぐに休憩所になりますが、異空間に入ったような新鮮な気持ちになります。

畳に竹が生けてあって、ゆったりもたれ掛けられます。
天井が高く開放感があります。

VISON 本草湯 休憩所

脱衣所も、温泉とは思えない白を基調として清潔感があります。
結構体積はありますので、コートなんかもはいります。
ありがたい。

ロッカーは、受付で渡される券に番号が振られているので自由には選べられません。

VISON 本草湯 脱衣所

湯室と浴槽。

浴槽は男湯、女湯共に内風呂と露天風呂があります。
最初はちょっとおしゃれな温泉程度という感覚で入ったのですが、ここからしっかりと体で感じるほど良さがはっきりと分かる温泉でしたので、詳細を書いていきます。

・・・

香りが素晴らしく良い。
薬草の香りで、ここまでリラックスさせてくれるのは初めての感覚でした。
なんでも三重大学とロート製薬とで薬草湯を開発しているというこだわりらしく、かぐだけで既に体が癒されてきます。

②内湯の空間。
天井は高く開放的。
床は何の石かわかりませんが、石なのに柔らかさが伝わってきて全く滑る様子がありません。

浴槽も同様で、感触が良い材料です。
是非この感覚を意識していってください。

③外湯の空間。
やたら細長く、感覚ですが長さ15メートル、幅2メートルほど。
大人なら、1メートル間隔なら30人は入れるだろう大きな浴槽です。

この日はここを1人貸し切り状態でした。

④湯質
湯自体の感触は普通の湯ですが、やはり香りがすごい。
薬草を詰めた袋が浴槽内に浮かんでいていい香りがしてきます。

湯の質感よりも香りを楽しむ温泉です。

⑤洗い場
広々としていて隣との距離もあり◎
石鹸類は専用の薬草系のもので、香りも良く体の良さそうです。

こちらはフロント前でも販売しています。
(VISONサイトでも通販しています。)

*浴槽は「水鏡の湯」と「光陰の湯」でそれぞれ内湯と外湯がありまして、日替わりで男女が入れ替わるようです。

浴室等の詳細は本草湯にホームページで確認してください。

・・・

駐車場の注意点。

●駐車場にご注意●

こちらの駐車場は、飲食店などの他のリソート施設と共有という事で、駐車料金がかかります。
本草湯を利用の場合は、2時間まで無料ですが、他のお店などにもいかれる方には駐車場に注意が必要です。

車のナンバーがカメラで覚えていて、清算する際には精算機でナンバーを入力して清算するシステムです。

①画面にタッチ。
②ナンバー入力。
③サービス券をかざす。
④残高を清算する。
以上が流れです。

帰りは特にゲートがあるわけでもないので、そのまま出ていいのか迷うかもしれませんが清算後はそのまま出ていけます。

施設内には何か所か駐車場があるので、行きたい施設近くの駐車場に移動しても、最終帰りの時にまとめて清算できます。

まとめ。

天然温泉でなくても薬草で心も体もしっかりと癒され、長時間温かさが持続した良い温泉でした。
この日は、このあとVISON駐車場で車中泊しましたが、翌朝9時までよく眠れ疲れがきれいに取れました。

本草湯
営業時間:朝6時~深夜24時
定休日:なし
入浴料:大人800円/小人400円
    3歳未満は無料
住所:〒519-2170 三重県多気郡多気町ヴィソン672番1 本草湯1
TEL:0598-39-3900

本草湯のサイト。

本草湯のサイトはこちら


VISON関連のブログ。

VISONで車中泊した時のブログです。

コメント