48歳になって「家族との思い出が作りたい!」と2018年12月2日に勢いで買った10年落ち(今は12年落ち)ハイエースバンコンで、ほぼ思いつきで出かけた旅とキャンカーに関する全記録である。
恋路ヶ浜 駐車場 車中泊 伊良湖岬
・キャンカー歴、車中泊歴ともに3年6か月。
・車中泊回数は30回。
・行った道の駅は29駅。
・走った距離は9171km。
まだまだ初心者レベルの我が家。
高校生になる娘と家族3人でキャンカーライフを楽しむはずだったんです。
そうなんです。最近は娘が付き合ってくれない。
親離れ中の娘をいかに口説くか課題の日々なのだ。



旅・おでかけ福井

化石発掘体験センター HOROSSA!気合を入れていきましょう。

近頃の娘は車中泊にはあまり付き合ってくれなくなりまして、どうやったら連れ出せるか考えたところ、最近恐竜にはまっているという事で化石を堀にでかけることに。化石発掘がこんなに辛いとは知れず九頭竜ダムの近くにあるHOROSSAへ出かけました。今回はそのレポートです。


最近お出かけにやや面倒そうな顔をする娘と出かけたいがために、恐竜に興味を持ったと聞いて化石を堀りを決行!

行きたいという娘の返事に喜んでいる私です。

・・・

本当なら、もう少し足を伸ばして福井恐竜博物館へ連れてってやりたいところですが、7月14日以降にならないと野外恐竜博物館が見れないという事なので、また次回にすることに。

・・・

HOROSSAの場所はこちら。

道の駅 九頭竜から車で5分くらいの所にあります。

ここHOROSSAは屋根がありますので、雨でも決行できる点はうれしいですね。

料金や営業時間等のご案内です。


営業時間は朝9:00~16:30まで、休館日は毎週月曜(夏休みは休みなし)

私たちは6月28日(日)の9:30~でネット予約をしましたが、前日の27日(土)でも問題なく予約できました。

で、当日・・・。


OPENは9:00~、その直前に到着しましたが私たち以外にはお客様は誰もいません。

・・・

とりあえず、OPENまでは近くをフラフラ・・・九頭竜川沿いという事で、きれいな川を見ながら周辺を散策。

とても気持ちいですよ。

・・・

この日は結局、もう1家族と私たちでスタート。

金額はご覧の通りです。

最初の10分は道具の使い方と石の割り方など細かく教えてくれます。

とても感じのいい方が丁寧に楽しく教えてくれますので、10分はあっという間でした。

・・・

タガネという道具を石にあてて、タガネの頭をハンマーでたたいて石を割りますが、ゴムでガードが作ってありますので、間違って手を叩いても痛くありません。

下の写真の赤い棒です。しっかりと握って黒いゴム板の上にある平らな所をハンマーでたたきます。

もちろんゴーグルも貸してくれます。

一通りの説明を聞いたら、自分が発掘したい化石の時代のエリアへ行き発掘となります。

・・・

久しぶりに、子供に返ったようにワクワクしますね。

どれが化石なのか見分けが難しいので、取れた化石が並んでいるショーケースで、説明を受ける前の待ち時間にでもチェックしておくといいです。

発掘では、靴がかなり汚れます


ご覧のように大きめの石がごろごろしています。
足がハマったりして、靴の上や横に土がつくので汚れても良い靴で行きましょう。
ちょくちょく足をひねるので、注意してください。

コーナーは以下の4つに分かれています。

①白亜紀の森
比較的見つけやすいところの様です。

②デボン紀の海
一番古いため、石亀が硬くなかなか砕けません。

③ジュラ紀の海
一番人気だそうです。
もうひと家族は、真っ先にここで掘ってました。

④白亜紀の海辺
恐竜の足跡が見つかるかも?

それぞれ発掘したい化石の場所で掘ることになります。

古くなれば古いほど、人間の頭と同じように硬くなるようです。

・・・

下の様な木や根の化石は簡単に見つかれますが、アンモナイトを見つけようとすると運ですね。

結局、これといった化石は見つからず終了となりました。

ここで採掘した化石は1人2個までは持ち帰りが出来ますが、アンモナイトなどの貴重資料は持ち帰れません。

・・・

写真で我慢の様です。

・・・

今回は発掘できませんでしたが、石を割るのもちょっとした発散になり楽しかったです。

・・・

特に時間がはっきりしているので、この後の観光なども予定が立てやすいのがうれしいですね。

・・・

化石発掘体験センター HOROSSAのサイトはこちら

道の駅 九頭竜の車中泊ブログはこちら