\年間休日60日/ \連休は年2回/ \休みはほぼ直前に決まる/ そんな我が家が、10年落ちのハイエースキャンピングカーを買って、隙間時間に出かけた車中泊・温泉・キャンプ・登山などに関する全記録です。
その気になれば結構いけるもんです。
岐阜旅・おでかけ東海

お風呂は広く、設備が充実。「奥飛騨温泉郷 ひらゆの森」は気軽に入れる日帰り温泉。

ひらゆの森岐阜

平湯温泉の入り口にある「ひらゆの森」は、お風呂は広く種類も多く、巨大な休憩室、広い売店と軽食屋さん、さらにレストランまで兼ね備えた温泉街にある日帰り温泉としては設備が充実しています。満足できる良い温泉です。

今回で2回目となりました「ひらゆの森」

奥飛騨温泉郷という温泉の湧き出し量が豊富なこともあり、この地方では有名な温泉街です。
上高地、新穂高、キャンプ、登山、スキーなど遊ぶところが一杯あり、そのお客さん達で休日はいつも混雑している人気の日帰り温泉です。

日帰り温泉は数ありますが、種類の豊富な温泉に郷土料理が食べられるレストラン、この地方のお土産なら大抵は揃う広い売店、さらに宿泊施設まで兼ね備えた温泉です。

近くに寄ったら候補にしたくなりますよ。

場所

東西のどちらから来ても高速道路から結構離れているのが難点ですが、松本IC、高山ICのいずれからもICを降りてから下道で約1時間のドライブでとなります。

駐車場は誘導員付き

駐車場では誘導員さんが、空いているところへ案内してくれるのがうれしいところです。
いつもありがとうございます!

初めて行った時は、こちらの看板下へ誘導されました。

2回目は下の赤●の所です。
画像に見える駐車場はすべてひらゆの森駐車場です。

入館時の注意ポイント

では入りましょう。

館内MAPです。
入り口は一番下で、かなりの広さだと分かります。

料金は大人/600円:小人/400円
最近は700円くらいが普通になってきているので、600円とはちょっとうれしい。

ひらゆの森券売機

一応書いておきますが、下駄箱で鍵付きはありませんのでご注意ください。

更衣室のロッカーは100円は戻りません。
多くは下駄箱のように、扉はなくカゴが置いてあります。
貴重品は出来る限り持って行かないようにしましょう。

温泉具合

男湯は7種
女湯は9種
内湯はもちろんですが、露天風呂の種類が多い。
周辺の山々の景色あり、硫黄の香りが若干して、濁り湯もあり温泉らしい風合いが楽しめます。

ひらゆの森パンフレット
ひらゆの森パンフレット

温泉の種類はオフィシャルサイトをご覧ください。
下にリンク貼っておきます。

ひらゆの森パンフレット
ひらゆの森パンフレット

休憩所

休憩室は入り口横と、温泉入り口を奥へ行った2か所あります。
下の写真は奥の休憩場。
かなりの人が入れます。
多くの方は入り口横の休憩所にいらっしゃるので、ゆったりしたい方は奥へ行きましょう。

ひらゆの森の休憩所

こちらはその休憩所から見える、館内庭園のライトアップされた様子です。

売店

たたみでいうと40畳ほどはあるかと思います。
岐阜の物なら大抵は揃います。

隣には軽食カウンターがあります。

風呂上がりのビールはこちらでも頂けます。

レストラン「もみの木」

しっかり食べれて郷土料理もあるレストランは、館内の一番奥にあります。

2回目は夕方19:00頃の夕食時という事で、入り口には3組待たれていました。
この日は20分程でご案内。

メニュー

まずは飛騨牛メニュー

ひらゆの森メニュー

郷土料理の朴葉みそ

ひらゆの森メニュー

一品料理

ひらゆの森メニュー

ドリンクメニュー

ひらゆの森メニュー

やっぱり飛騨牛ロース¥2400
おっ~1切れ¥480なり

こちらは飛騨牛のモモ¥1900

ひらゆの森 飛騨牛のモモ

つづいて岐阜県産のハラミ¥1800

ひらゆの森 ハラミ

どのお肉ももちろん美味しいです。

・・・

こちらは山菜そば¥700

ご飯セット¥300

こちらは甘口カレー¥600

かなりリッチなディナーに見えますが、2回分の料理です。
お肉のおいしさが忘れられず、2回目の今回もお肉をいただきました。

・・・

①駐車場は広く誘導付き
②温泉は広くて種類が多い
③軽食やレストランが充実
④売店も広く種類が多い
⑤休憩所がとにかく広い
温泉街の日帰り温泉としては十分な設備です。

遊んだ後はみんなでこの「ひらゆの森」で疲れを取って帰りましょう。

ひらゆの森さんのサイト

このブログが参考になった方は
いずれかクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
このブログが参考になった方は
いずれかクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

"思いつき"お出かけ旅と車中泊

コメント