48歳になって「家族との思い出が作りたい!」と2018年12月2日に勢いで買った10年落ち(今は12年落ち)ハイエースバンコンで、ほぼ思いつきで出かけた旅とキャンカーに関する全記録である。
恋路ヶ浜 駐車場 車中泊 伊良湖岬
・キャンカー歴、車中泊歴ともに3年6か月。
・車中泊回数は30回。
・行った道の駅は29駅。
・走った距離は9171km。
まだまだ初心者レベルの我が家。
高校生になる娘と家族3人でキャンカーライフを楽しむはずだったんです。
そうなんです。最近は娘が付き合ってくれない。
親離れ中の娘をいかに口説くか課題の日々なのだ。



Gear

車中泊。車載用じゃなくて家庭用のデジタル温湿度計を入れておこう。

車中泊 温度計 湿度計 アラーム 時計 

いろいろな場所に行って車中泊しますので、車内の気温て自宅のように一定じゃないですよね。出かける場所の気温を確認して、毛布や衣類の準備をしますが、山は気温の変化が多いのでそれらの準備が多くなりがちです。体感と実際の気温で感覚をつかむためにも温度計はあった方がいいですよ。

車中泊に行くのは良いのですが、気温とそれに対する準備をどの程度しておけばいいか、まだ分からない初心者の私です

・・・

車なので、気温が心配なら布団でも何でも詰め込んでおけば安心と言えば安心ですが、多すぎる荷物は何かと邪魔になります。

・・・

そこで今後の事を考えて、キャンピングカー内の気温や湿度がいったい何度なのか知りたくなり購入いたしました。

選ぶポイント。

温湿度計も色々な種類が出ております。

温度、湿度はもちろん、どうせなら目覚まし機能の付いた時計もあると嬉しいですね。

あと画面をタッチするだけでバックライトが付くものがいいです。

選んだ温度計は?

当初は車載用を考えていましたが、画面の大きさを優先し家庭用にしました。

電源がシガーソケットからではなく電池なので交換の手間はありますが、老眼が進んだ私には画面の大きさとすぐに点灯するバックライトなどうれしい仕様です。

外箱は無機質ですね。真っ白です。

箱の大きさは高さ10.8×幅9.8×奥2.9です。

箱の大きさは説明いりませんね。

内容物。

内容物すべてです。電池は入っていませんでした。

日本語の取扱説明書はありますが、外国語を無理やり翻訳したもので正しい日本語ではありませんが、

見よう見まねで問題なく操作できます。

仕様は?

電池は単4×2本
本体サイズは高さ10.5×幅9.5×奥2.7
温度測量範囲は-10°~50°
湿度測量範囲は10%~98%
日付、時計、アラーム機能あり

設置方法は

・スタンド
・マグネット
・フック

で3通りの設置ができます

裏面の磁石は弱いので、車では振動で落ちてしまいます。

表示画面。

表面の右側のLIGHTを押すと青く光ります。

・・・

その後およそ5秒で消えます。

・・・

そのほかアラーム機能や最高、最低温湿度を表示する事も出来ます。
(使うかなぁ?)

あとから、「今日暑かったよね~。」なんて話しながら見て楽しもうかな?

・・・

これから車中や旅先で温度や湿度の変化を見るのが楽しみになりました。

・・・

こちらはamazon。参考までに。(同じのは売り切れでした。)

その他のカー用品のブログはこちら