岐阜 旅・おでかけ

「情緒と歴史を感じよう!」郡上八幡と車中泊-2-

郡上八幡
いずれか1つクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ 

いずれか1つクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ   

ホテルから車で10分足らずで郡上八幡の中心へ到着します。今回チョイスした駐車場は郡上市 総合文化センターの北にある市営 愛宕駐車場です。

こちらは150台が駐車でき観光バスもOKという事で、写真の通り車幅や車高は問題ありませんでした。

ご覧の通り今日は駐車料金が無料です。春休みでも平日は無料なんでしょうか?下は入り口にある案内板です。

今回もできる限りご迷惑にならないように止めたいところですが、到着した8:30にはすでに普通車枠は8割ほど埋まっていましたので、空いている中でもできる限り邪魔にならないように止めました。

ちなみにこちらの駐車場は、郡上の観光地からは恐らく一番遠い場所にあります。郡上八幡城のふもとまで歩いて15分程度の場所です。実際に市街地中心には私のクルマでも止められそうな駐車場は数か所ありました。
参考までに
安養寺駐車場・郡上八幡城下町プラザ・大黒屋商店の北側などは、大きめのクルマでも止められます。大黒屋商店北の画像のみ掲載しておきます。

さて駐車場からお城に直行か?道中の小道を観光するか? お城は9:00からですし春休みという事もあって観光客で小道がにぎわうと写真撮影しにくくなるかも?と思いまして先に小道へ向かいました。
まずは、いがわ小径

みんなとは逆で東から入りました。

風情がありますね。川のせせらぎが心地いいです。

錦鯉やヤマメ?など魚がいっぱい泳いでいます。

こちらは西側。皆さんはこちらから行かれると思います。

まだ9時前という事で観光客など人は誰もいませんでしたので、思う存分写真を撮ってまいりました。

続いては、やなかのみずの小道です。いがわ小径から西へまっすぐ行った左手にあります。

ほんの1区画ですが、石畳の模様や、川の音などなんとも言えない風情があります。

こちらは吉田川沿いになります。

さすがに「水の町」というだけあって、水が澄んでいて、町中に川が流れていますので、せせらぎがよく聞こえる安らぐ町です。

いざお城へ。

散歩している間に時間も9:00を過ぎましたのでお城に向かいます。郡上八幡城は山のてっぺんにありまして麓にある城山公園駐車場から徒歩で約12分です。

長さが5.5m以上が不可という事なので、スーパーロングでも問題ないという事ですが・・・。

ご覧の通りの勾配です。車で行くことはできますが道幅は狭く勾配がきつめなので、長い車両ですとよじれそうですね。こちらは 一方通行なので対向車は来ないので道幅をいっぱい使えば問題なく上がっていけると思います。

歩行者もいらっしゃるので十分注意してください。自信がない方は、城山公園駐車場へ停めて歩いて登ることをお勧めします。

くねくねした道ですが、私たちはショートカットする砂利道をみつけまして、少しは楽をすることができました。その道中は枯葉で滑る場合もありますので十分注意してください。 明日からの筋肉痛を心配しながらも、なんとか登り切りました。

頂上にも駐車場はありますが20台程度なので祝日はすぐいっぱいになりそうです。
すみません画像忘れました。

入場料は大人(高校生以上)310円 小人(中学生以下)150円です。

こちらのお城は土足でいけまして、1Fには甲冑など展示してあります。

天守閣に登ると素晴らしい景色を味わえます。

是非、直接登って360℃の景色を堪能ください。見渡してみると駐車場も望めました。

こちらのお城は、霧の上に浮かぶ天空の城として有名だそうです。

お城の詳細はこちらでご確認ください。

郡上八幡城 | 日本最古の木造再建城
郡上八幡城の天守閣は再建80周年を迎えた日本最古の木造再建城です。旅行口コミサイトTripAdvisor行ってよかった!日本の城ランキング2015では20位にランクインしました。最近では岐阜の天空の城としても人気を博しています。モネの池で人気の関市板取の根道神社からも約30分。

夏や冬の景色も見てみたいと思いました。

郡上八幡の旅③へつづく

いずれか1つクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ 

いずれか1つクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ   
大切なスポンサーさん
大切なスポンサーさん
シェアする
思いつきお出かけ旅と車中泊
Translate »
タイトルとURLをコピーしました