14年目になるご老体のハイエースキャンピングカーで出かけた、車中泊旅行・温泉・キャンプ・登山、それとメンテナンスに関する全記録です。色々と見ていってください!!
--記事内に広告が含まれています。--
岐阜

郡上散策と体験工房を満喫してきました。【岐阜】

タカラギャラリーワークルーム 岐阜

こちらでは、郡上城を下った先にある郡上八幡城下町プラザでのグルメ、食品サンプルの制作、そして人気のオリジナル手拭いが作れるタカラギャラリーワークルームまで、郡上の楽しさが伝わると思います。特にタカラギャラリーさんでは完成までも詳しくご紹介していますので、今後に予定している方は是非ご覧ください。

お城の上り下りで少しお腹がすいてきましたので、腹ごしらえとしましょう。

城を降りてくると目の前に、郡上八幡城下町プラザがあります。
お土産など売っているお店です。

観光バスと普通車の駐車場も兼ねておりまして、普通車は1回520円です。
1回というのがありがたいですね。

バンコン程度なら駐車できます。

見た感じ観光バスの台数によっては普通車の台数が変化しそうなので注意してください。

食べ歩きスタート。

こちらの城下町プラザの南側には屋台がありまして、飛騨牛コロッケ、飛騨牛まん、わさび肉まん、飛騨牛めし、飛騨牛カレーパンを販売していますが、少し早い時間という事もあって飛騨牛コロッケしかありませんでした。

時間は10:30頃ですので11:00過ぎれば一通り並ぶのではないでしょうか?

コロッケだけでは空腹は満たされませんので、何かないかと歩いていくと、こちらのカフェが目に飛び込んできました。

スイーツが大好きな私たちは、どれにするか時間がかかりました。

食べ歩きもできますが、足の疲れを癒すのもかねて中でいただくことにしました。

中は古民家をリノベされたようで、落ち着いた雰囲気の内装です。内装をあちらこちら見ているうちに注文の品が出来上がりました。

たい焼きパフェは焼き立てだったので、とてもおいしく外のパリパリ感が最高です。おいしく頂くことができました。

この辺りには、飛騨牛はもちろん、川魚のヤマメやいのししなど普段なかなか食べられない料理もありますので、食事だけでも十分楽しめる街だと思います。

次は「食品サンプル」と「手ぬぐい製作」体験です。

郡上は食品サンプルの聖地と呼ばれているようで、あちこちで食品サンプルの製作体験ができます。

折角なのでどこかでやってみようとなりまして私たちが選んだのは、清響の里というお店の中にある食品サンプル製造メーカー直営の「いわさき」さんで体験させていただきました。

キットの販売もされていらっしゃいます。

こちらで体験できるのは、てんぷらとスウィーツです。

値段を見てちょっとびっくりしました。果物などの出来が本物そっくりなのでその分高いのかな? 子供はすでにスイッチON状態、OFFのスイッチは壊れている状態です。

折角の旅です。今回は体験させることにしました。

店内には、食品サンプルもいっぱいありまして、キーホルダーやマグネットなど様々な形で販売されています。
なんと、お佛飯まで販売しています。

これで、お供えしたふりをするのでしょう。罰当たりめ!

こちらが、いわさきさんのサイトです。

うちの家族は手作りなどが大好きで、体験できるとなると何でもやりたがりです。

郡上には手ぬぐいをプリントできるお店がありまして、そちらも体験しに行きました。

タカラギャラリーワークルーム さんです。

シルクスクリーン印刷というものですが、どうやら地場産業でもあるようです。

郡上はご存知「郡上踊り」で有名な土地です。手ぬぐいを首に巻いて踊る様子はよく見かけますね。

それでは行ってまいりましょう!


壁にあるたくさんの絵柄の中からチョイスしていきます。こちらは季節ごとにデザインを変えていくとのことですので、次回来店の際に同じ柄は無くなるそうです。

手ぬぐいかトートバックのいずれかを選べます。我が家は1つずつ選びました。

模様の入ったシルクスクリーンをあてて、インクを乗せていきます。昔にプリントゴッコをやったことがある人は要領はまさにそれと同じです。

へらで押し当てていきますと、手ぬぐいに色が移り模様になっていきます。

出来上がりはご覧の通り、オリジナルの手ぬぐいとトートバッグです。

こちらでは、完成品の手ぬぐいなど販売しております。

うちの家族はとても満足した様子でした。季節が変わるころにまたお邪魔したいと思います。

HPはこちら

郡上八幡の旅④へつづく

コメント