14年目になるご老体のハイエースキャンピングカーで出かけた、車中泊旅行・温泉・キャンプ・登山、それとメンテナンスに関する全記録です。色々と見ていってください!!
--記事内に広告が含まれています。--
岐阜

今年はじめての軽登山。岐阜市「最高峰」の百々ヶ峰(ドドガミネ)にウォーミングアップ。

百々ヶ峰 岐阜

岐阜市の登山なら金華山が大人気。ですが一番高い山はこちらの百々ヶ峰。山頂からは金華山も望める良い景色なんです。無料駐車場完備で登山道は自然歩道にもなっていて、比較的整備された歩きやすく迷いにくいところです。今年初めての登山という事でウォーミングアップに行ってきました。

今年初めてという事でなまった体には軽登山から始めるのが負担はなく、安心という事で名古屋市内からでも日帰りで十分行ける岐阜市の最高峰「百々ヶ峰」にウォーミングアップがてら行ってきました。

実際行ってみたら、コースがいくつかあるので登りながらでも、体調に合わせてコースを延長したり短縮することが容易なのがうれしいポイントです。

これからの登山開きはここからスタートしても良いほど気持ちの良いところでした。

場所

名古屋の中心部からでも高速を使えば、軽いドライブで1時間程度で行けるところにあります。

到着直前の交差点が分かり難いので、下の地図でお知らせしておきます。
南西からですと矢印の箇所で曲がります。

百々ヶ峰

交差点を南西からきた写真です。
青〇の「三田洞弘法」の看板か、赤丸の看板で確認する他なさそう。
小さいので見落としそうです。ご注意!

百々ヶ峰

赤〇看板のアップ画像です。
小さいのでご注意ください。

百々ヶ峰

無料駐車場

交差点を曲がったらひたすら突き当りまで進んでください。

駐車場は170台と広々しています。

百々ヶ峰

百々ヶ峰は「ながら川ふれあいの森」という自然公園になっていて、登山道と遊歩道など歩ける道は延べ20km。
体力づくりにも良いところです。

百々ヶ峰

まずは権現山へ

今回は駐車場のすぐ北側のゲートからの登っていきます。

百々ヶ峰

5分もすると分岐点です。
展望あずま屋を目指します。

百々ヶ峰

比較的ゆる~い登坂ですが、久しぶりの登山という事で思ったよりしんどいです。

百々ヶ峰

15分程であずま屋に到着。
なまった体には応えます。
・・・
この先には、心臓破りの坂が待っています。
しっかりと休憩しましょう。

百々ヶ峰

こちらがその上り坂です。
気が遠くなりそうです。
今回一番疲れました。

百々ヶ峰

数えるとざっと350段?+上り坂で、小休止を何度も取りながら約40分ほどかけて到着。
「権現山山頂」です。

山頂ですが周りは木でおおわれていて景色は何もありません。

百々ヶ峰

百々ヶ峰へ

そこから南へ下りて10分もすると、トイレに到着。

百々ヶ峰

隣には休憩所があります。

百々ヶ峰

トイレ棟から見える、あの登り階段を進むと百々ヶ峰です。
あと290m。

百々ヶ峰

それほどでもない上り坂を登り5分程度で到着。

百々ヶ峰

すでに7人の先客が休憩中でした。

百々ヶ峰

広い休憩エリアです。

百々ヶ峰

展望台も完備されています。

百々ヶ峰

この日は黄砂の影響もあって景色は今一です。

百々ヶ峰

ここから雨上がりなど雲が下にある時は、金華山が天空の城になるわけですね。

百々ヶ峰の西峰へ

さて百々ヶ峰西方に向かって出発です。
ここからの道はハイキング気分で進めます。

百々ヶ峰

頂上の手前は少し坂がきつめでしたが、難なく20分程で到着。

百々ヶ峰

ここも木々が多い茂って展望は見えません。

下山

まだ体力はありますが、今日はこれくらいにして戻ります。

・・・

ところが、西峰から駐車場への帰り道が分かりません。
アプリのヤマップを見ても分岐点を通り過ぎてしまいます。

もしかしてここ!ってところが分岐でした。
下の写真の所です。

百々ヶ峰

こんな感じで降りていきます。
こりゃ分かり難い。

百々ヶ峰

下りはそれなりに急でしたが、15分ほどで遊歩道になります。

百々ヶ峰

駐車場のすぐ南側の公園に到着。

百々ヶ峰

お腹が空いたのでコンビニおでんをいただきます。

百々ヶ峰

ヤマップの結果

まとめ

金華山が329mに対して、百々ヶ峰は419m。

岐阜市で一番高い山という事で、金華山よりはしんどいと思って登りましたが、こちらの方が上りやすい山でした。
久しぶりの登山という事で、あまり無理することなく「超ゆるゆるの登山」でしたが、いろいろなコースがある分、体力に合わせて選べるという意味ではよい場所だと思います。

ながら川ふれあいの森のサイト

ながら川ふれあいの森 |
ながら川ふれあいの森は、岐阜市北東部に位置し岐阜市最高峰の百々ケ峰を擁しています。管理区域の中には約20kmの遊歩道と約8kmの管理道が廻らさせており、キャンプやハイキング等が楽しめます。

金華山関連のブログ

金華山
「金華山」の記事一覧です。
https://amzn.to/3tGkZfF

コメント