14年目になるご老体のハイエースキャンピングカーで出かけた、車中泊旅行・温泉・キャンプ・登山、それとメンテナンスに関する全記録です。色々と見ていってください!!
--記事内に広告が含まれています。--
Car

【爆発寸前】膨れあがったスマホ充電&エンジンスターターバッテリー。怖くてAmazonで新調しました。

Car

3年ほど使ったエンジンスターター(バッテリー)、かなり重宝しています。ところがこの夏の暑さが原因!?かなり膨れあがってしまった。いつもと変わらない管理方法なのに。さすがにこれは緊急事態。見ていて怖い。膨れ具合の紹介とamazonで買った新しいのも一応紹介しておきます。

梅雨の時期はあまり出かけない我が家。
バッテリーは押し入れにしまいっぱなし。

今年は梅雨の時期の6月末が激暑で、家の中も超高温。
2種類同時に膨れ上がっているところを見ると、どうやらその気温が関係しているようです。

・・・

写真で見るよりも膨れ具合はドキドキするほどなんです。

suaoki バッテリー

青いケースの部分に隙間が出来るほどの膨れよう。

・・・

もう一つの方は、ケースが外れるほどの膨れ具合。

suaoki バッテリー

並べてみるとこんな感じです。
パンパンで心配です。

suaoki バッテリー

衝撃を与えると爆発するかも?
と思いながら家の中で爆発されたら困りもの、処分するまではビニール袋に入れて庭に埋めておきました。

・・・

今まで車中泊ではスマホの充電に大活躍してましたので、いろいろとお世話になってたバッテリ―。
いきなりの別れは寂しいですが仕方ありません。

・・・

実際、このサイズで十分な我が家の車中泊生活。同様の物を物を探します。

・・・

とりあえず今回もamazonで購入。

この手のバッテリーは種類が多いし、なかなか難しい。

で、今回購入したのはこちら。
FNNEMGEというメーカー。
聞いたことはもちろん無いのですが、PSEマークがあるものにしました。

FNNEMG バッテリー

以前のsuaokiと比べて収納ボックスは小さめ。

FNNEMG バッテリー

容量は以前のSuaokiは18000mAh。
今回は24800mAhと約37%UP。

以前のバッテリーでは、USBから2台のiphoneを充電(残量80%くらい)して100%➞88%まで下がればよく減った方でしたから、増量という事でなおさら問題なし。

*ただ、実際に充電してみると、以前とほぼ同じ環境ですが少し減りが早いか気がします。
 まあ、容量は実際見えるわけではないですし、数値の信頼度は?な所です。

とりあえず様子見ます。

・・・

ケースの中はこんな感じで、ぴったり収まってます。

FNNEMG バッテリー

付属品は
1,本体の充電用のType-Cのコード
2,カーアクセサリー電源用のソケット
3,バッテリー充電用配線
の3点セットです。

・・・

取説は日本語もあります。

FNNEMG バッテリー

USBの出力と入力はご覧の通りラバーキャップの中

FNNEMG バッテリー


USB出力は2か所、Type-Cは入力で充電用です。

出力はQC3.0(iphoneでは充電が遅くなるとか)と、5V2.4Aという事です。

私はあまり気にせず、とにかく朝までに満タンになっていればOK

後は夏にUSB扇風機さえ使えればOKです。

・・・

バッテリー容量はデジタル表示。

これはありがたい。

FNNEMG バッテリー

側面に車用バッテリーへの接続端子があります。

FNNEMG バッテリー

で、これを買った理由がワイヤレス充電もできる点です。

FNNEMG バッテリー

まあ規格があっているのか全く分かりませんが、私のSE2ではケースを付けたままでも問題なく充電できるので問題なし。

・・・

なんか説得力のないブログになりましたが、いろいろ選んでいるのが面倒になって価格と、容量で選んだ訳です。

・・・

とにかく膨れ上がったバッテリーと早くおさらばしたいのと、バッテリーが無いと心配なので購入しました。

・・・

どうせ買うなら大型のポータブル電源をお勧めしますが、うちのキャンカーにはエアコンがありませんがFFヒーターがあるので電気毛布は使いませんし、調理は殆ど炭やガスコンロ。

4年ほどキャンカーを使ってきて、このサイズで十分(スマホの充電というよりは車のバッテリー上がりの対策用としてあったら安心)と思い買ったのが最初のバッテリーでした。

・・・

いざという時の保険としては安い買い物なんじゃないでしょうか?

一応サイトも載せときます。

以前のバッテリーのご紹介ブログ

次に買うとしたらこちらのバッテリーかな。
時々30%OFFしてるよ。

コメント