このブログは仕事に明け暮れて、年間休日50日~60日のサラリーマンが、48歳になって「家族との思い出が作りたい!」と2018年12月2日に勢いで買った10年落ちハイエースバンコンで、ほぼ思いつきで出かけた旅とキャンカーに関する全記録である。
そもそも2連休は年1、2回、休日も直前に決まることが殆ど。そのため1日の休みをフル活用するために前日の夜に出発。翌日命一杯あそぶ。そんなキャンカーライフを続けてます。


Carグッズ

FIAMMAサイドオーニング

キャンピングカーというと、車の横についているサイドオーニングを思い浮かぶ方が多いと思います。私も購入する前には、キャンピングカー=サイドオーニングでした。

私のクルマにもついていましたので、使い方をご紹介いたします。まずは全体写真です。

色々とメーカーはありますが、街中で見かけるオーニングで フィアマが一番多い気がします。

では使い方ですが、最近は電動もありますが私のは手動です。
まずはフック棒です。(正式名称はクランクバーだそうです。)
私のクルマの場合は、車のトランクドアの内側についています。

フック棒を下の画像の穴の部分に引っ掛けます。

手持ちの部分がまっすぐです。

持ち手の部分を折り曲げるとハンドルに変わります。

あとはクルクルとまわしていくと、飛び出てきます。出し切ってテンションを全開にかけてもいいかもしれませんが、私は少し余裕をもって1巻程度の遊びを残すようにしています。

下は先端を裏から撮影しています。中に足になる部分が格納されています。

設置に5分!

足を出して立てるとこんな感じになります。

足の高さは調整が可能なので、左右で段差があっても調整できます。万が一地面に固定できない時は下の写真のように、ボディーについている受けに足を取り付けることもできます。

足の先端は直径1cm程度の穴が開いているので、固定するためのペグを打てるようになっています。強風などで煽られると骨組みが変形する可能性がありそうなので、ペグは打った方がよさそうです。

上から見たデザインをどうぞ。

サイズは285cm×250cmです。そのほかにも色々なサイズが出てます。

必要、不必要はそれぞれですが、私の場合はキャンプといっても寝るのは車内ですので、テントを張るわけではないので、到着と同時にすぐに広げられるのであった方がいいかな!というのが今のところの答えです。