2018年12月2日、48歳で勢いで買った10年落ちハイエースバンコン。このブログは、そのキャンカーと旅に関する全記録である。
・キャンカー歴、車中泊歴ともに3年10か月。
・車中泊回数は35回。
・行った道の駅は33駅。
・走った距離は10,839km。
高校生になる娘と家族3人でキャンカーライフを楽しむはずだったんです。
しかし娘は親離れ真っ最中。適度な距離感を持ちながら、どう誘うか課題の日々なのだ。
Carグッズ

FIAMMAサイドオーニングの使い方と必要か否か?

キャンピングカーというと、車の横についているサイドオーニングを思い浮かぶ方が多いと思います。私も購入する前には、キャンピングカー=サイドオーニング付きでした。 私の車にも狙ったわけではないですが付いていました。使い方のご紹介と必要か否かわかれるところです。そのあたりも触れていきましょう。

収納時の写真。

色々とメーカーはありますが、街中で見かけるオーニングで フィアマが一番多い気がします。

FIAMMAサイドオーニングの使い方。


では使い方ですが、最近は電動もありますが私のは手動です。

まずはフック棒です。(正式名称はクランクバーだそうです。)
私のクルマの場合は、車のトランクドアの内側についています。

フック棒を下の画像の穴の部分に引っ掛けます。

手持ちの部分がまっすぐです。

持ち手の部分を折り曲げるとハンドルに変わります。

あとはクルクルとまわしていくと、飛び出てきます。

ポイント

全て出し切らないほうが良いです。風が吹いたりしててテンションがかかると傷みやすいです。私は少し余裕をもって1巻程度の遊びを残すようにしています。


下は先端を裏から撮影しています。中に足になる部分が格納されています。

設置に5分!

足を出して立てるとこんな感じになります。

足の高さは調整が可能なので、左右で段差があっても調整できます。万が一地面に固定できない時は下の写真のように、ボディーについている受けに足を取り付けることもできます。

足の先端は直径1cm程度の穴が開いているので、固定するためのペグを打てるようになっています。

強風などで煽られると骨組みが変形する可能性がありそうなので、ペグは打った方がよさそうです。

上から見たデザインをどうぞ。

サイズは285cm×250cmです。そのほかにも色々なサイズが出てます。

必要?不必要?

さてこれからキャンカーを買おうと狙っている方の中には、つけようか迷ってる場合もあるでしょう。

メリット

キャンプ場や車ごと入れるビーチや釣り公園なんかでタープとしてすぐに広げられるし、すぐに仕舞えるというところです。

しかし、そういった頻度が少ない場合は、下記の方法で都度取り付けも可能です。

車に専用金具をつければタープの代わりになるパーツが出ています。

こちらの、フック付き吸盤とタープとポールです。

サイドオーニング自体は後つけも可能なので、まずは納車されてからの判断も可能です。

FIAMMAのパーツがそろっているオグショーさんのサイトです。

その他のカー用品のブログはこちら

このブログのランキングはこちら。
いずれかクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ_にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
_

このブログのランキングはこちら。
いずれかクリックして応援お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ_にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ__

"思いつき"お出かけ旅と車中泊

コメント