14年目になるご老体のハイエースキャンピングカーで出かけた、車中泊旅行・温泉・キャンプ・登山、それとメンテナンスに関する全記録です。色々と見ていってください!!
--記事内に広告が含まれています。--

立山黒部アルペンルート。扇沢→黒部ダム駅→黒部湖駅→黒部平→大観峰→室堂までを一気見。

大観峰 富山
富山

立山黒部アルペンルートを長野県側の扇沢→黒部ダム湖駅→黒部湖→黒部平→大観峰→立山室堂までの道中をレポートします。一気に立山室堂に向かうのも良いですが、ゆっくりとそれぞれのポイントを観光するのも旅の味わいかも。

2023年8月23日(水)
立山黒部アルペンルートに向かって室堂から出発!

このブログは長野県側の扇沢バスターミナルから、黒部ダムを通って室堂迄の道中をレポートしていきます。

扇沢を出発

前日から車中泊して立山に向かいます。
車中泊や駐車場の様子はこちら
(下にも貼っておきます。)

扇沢

この日は始発が7:30。
6:30頃にはチケット売り場は行列で20人くらい並んでいました。
ネットの事前予約して、自動発券機の利用をお勧めします。
(サイトは下に貼っておきます。)

・・・

では出発。

扇沢

すぐにトンネルに入るので、窓際はあまり意味ないかも。
バスに乗っている時間は約16分。
その間は、バスの前(運転席の真後ろ)にあるビデオを見るのがおすすめです。
黒部ダムなどの魅力や歴史を学べます。

扇沢からのバスの中

次は黒部ダム湖駅

黒部ダム湖駅

バスを降りると長いトンネルが続きます。
扇沢よりかなり冷えてます。

黒部ダム湖

トンネルを出ると目の前には黒部湖。

黒部ダム


すぐ右には「黒部の太陽」で有名な破砕帯のおいしい「湧水」が飲めます。
黒部の太陽は、黒部ダム建設までを映画化した昭和30年の作品とのことです。

黒部ダム湖

レストラン

その隣には黒部ダムレストハウスがあります。

黒部ダム湖

1Fは軽食店とお土産店
2Fはレストランになってます。

こちらは1Fの軽食店メニュー

黒部ダム湖

つぎの黒部湖駅までは黒部ダムを渡っていきます。

黒部ダム

扇沢では曇っていましたが晴れました。
しかしでっかいダムです。

黒部ダム

おなじみの放水写真。
毎秒10t以上の水が出ているらしい。

黒部ダム

放水時間は時期にもよりますが、期間は6/26~10/15まで。
時間は
6/26~7/31は6:00~17:30
8/1~9/10は6:30~17:00
9/11~10/15は7:00~16:30
・・・
周りの景色もすばらしい。

黒部ダム

写真を撮りながら歩くこと10分くらい?
黒部湖駅に到着。

黒部湖駅

先を急ぐ登山客たちです。

黒部湖駅

ここから黒部平まではケーブルカーに乗ります。

黒部湖駅

創業当時の車両とのことです。
傾斜30度を一気に登るのですが、年季のある車両がちょっと心配。

黒部湖駅

こちらもバス同様に混雑。

黒部湖駅

トンネル内なので景色はありません。
時間にして5分。

黒部平

あっという間に黒部平に到着。

黒部平

黒部平には眺望が望める庭園があります。

黒部平

曇ってしまって何も見えませんが、晴れていれば左から
五竜岳、牛首山、鹿島槍ヶ岳、布引山、鳴沢岳、赤沢岳、スバリ岳、針ノ木岳が見えるようです。

・・・

こちらには売店やレストランがあります。

黒部平

レストランメニュー

カレーとそばに限定されるようです。
そばは8:00~16:00
カレーは10:00~15:00

黒部平

テイクアウト

黒部平

黒部平ブラックソフトがやたらと黒光りしていて気になる存在。

濃厚なチョコレートという事で食べないわけにはいきません。

黒部平

見た目から「濃そう」です。
食べてみると期待値が高かったせいか、思ったよりは濃くはなかったですね。
とはいえ十分濃い方です。

・・・

ついでにブラックドッグも頂きます。

黒部平

ちょい辛い豚まんです。

・・・

そろそろ次へ行きましょう。

黒部平

ロープーウェイの概要です。
7分とあっという間に大観峰につきます。

このロープーウェイは、支柱がない日本最長のロープーウェイです。
事前情報があった方が楽しみ方が変わります。

黒部平

大観峰

こちらの駅では、屋上から黒部湖をはじめ、山々を見ることが出来ます。

大観峰

晴れ間がちょっと見えてきましたが、ここまで。

大観峰

ツバメが大量です。
早すぎて写りません。

大観峰

大観峰にも売店があります。

立山室堂

大観峰から電気バスで10分。

あっという間に到着です。

天気は気になっていましたが、見事な晴れ間です。
キャンセルせずに来てよかった。

私は名古屋なので、立山黒部アルペンルートは立山駅からでも扇沢さかでも距離は変わりません。
長野県側の扇沢から立山室堂までは、いろいろ乗り継ぎますが乗っている時間が短いので、あっという間に到着した感じで、道中さえ楽しい旅の思い出になりました。

バスが苦手な娘でも、難なく到着できたのはありがたいですね。

立山黒部アルペンルートのサイト

扇沢駐での車中泊ブログ

Amazon.co.jp: ドライブグッズ
Amazon.co.jp: ドライブグッズ

コメント