14年目になるご老体のハイエースキャンピングカーで出かけた、車中泊旅行・温泉・キャンプ・登山、それとメンテナンスに関する全記録です。色々と見ていってください!!
--記事内に広告が含まれています。--
岐阜

人気に納得!200ものサイトから選べる「ひるがの高原キャンプ場」

ひるがの高原キャンプ場 岐阜

岐阜のキャンプ場といえば「ひるがの高原キャンプ場」を思い浮かぶ人は多いはず。聞くと200サイトもあるそうで、好きな場所が選べるので毎回雰囲気のちがうキャンプが味わえるのです。設備なども紹介していきますので向かう方は見て行ってください。

人気に納得!色々なサイトが選べる「ひるがの高原キャンプ場」

東海北陸自動車道のひるがの高原サービスエリアのスマートIC(ECT専用)を降りて、約10分というアクセスの良いところにあります。

ひるがの高原ICを降りてからだと、コンビニは「デイリーヤマザキ」さんと「フレッシュフーズひるがの」さんがあります。

道のりはもちろん舗装されていて、すごい山道を走ることはありませんので安心です。

チェックイン時の超注意点!

到着すると最初に目に飛びこんできたのは下の看板。

ひるがの高原キャンプ場入り口看板

そのままハンドルを右へ・・・。

ひるがの高原キャンプ場入り口

到着・・・。

スタッフさんたちが駆け寄ってきて、「あっちに車を移動して」という。
???

チェックインする場合はこちらの左手にあるテニスコート脇の駐車場に止めてから、受付でチェックインしないといけません。(よく見ると下に看板があります。)

ひるがの高原キャンプ場の受付前の駐車場

もちろん素直な私は右折してしまいまして、ちょっと切り返しが面倒でした。
こんな立て看板が受付近くにあります。

ひるがの高原キャンプ場の注意書き看板

見ていると何台か入っていくのを見かけますが、しっかりと移動をお願いされます。

料金と注意事項

デイキャン料金ですが大人二人で1800円!!
写真は薪代が入ってます。

ひるがの高原キャンプ場のデイキャンプ明細

注意事項は普通な感じかと。

ひるがの高原キャンプ場のデイキャンプ注意事項

設備色々

まずは場内マップ

この地図では広さが分かりませんが、この日は前日から車110台の利用だそうです。
聞いてびっくりです。

ひるがの高原キャンプ場のサイトマップ

こちらは受付の管理事務所(地図の中央下)

ひるがの高原キャンプ場の受付建物

キャンプ用品の販売はそれほど多くはありません。
薪はありました。

ひるがの高原キャンプ場受付の売店

こちらは中央トイレ

ひるがの高原キャンプ場のメイントイレ

一番広いトイレです。

ひるがの高原キャンプ場のメイントイレ内

手洗いも多く綺麗です。

ひるがの高原キャンプ場のメイントイレの洗面

その他に点在するトイレも同様にきれいですが、便器の数は中央トイレよりはかなり少なくなります。

・・・

こちらはシャワー室

ひるがの高原キャンプ場のシャワー室

浴槽はありません諦めましょう。
200円で5分。
こういったシャワー室って老朽化が散見されますが、ここはそれもなく清潔感のあるシャワー室ですね。

ひるがの高原キャンプ場のシャワー室使い方

こっちはコテージ。
左奥もコテージです。
BBQ台があり簡単仕様です。

ひるがの高原キャンプ場のコテージ

こちらが水場。
地図には雫💧マークがある所です。
💧マーク1つに対して蛇口は1つです。
サイト全体に十分あります。
私が止めたすぐ脇にありました。

ひるがの高原キャンプ場のシンク

サイト紹介。(動画は下に。)

なんせ110台が入るわけですが色々なタイプのサイトがあります。
殆どのサイトは森の中にありますので、真夏なら日差しを避けてキャンプが出来ます。

サイト内は車で移動します。舗装されているところが殆どです。ただ我が家のハイエースワイドでは中央公園から北へ伸びている道は広めで問題なし、ただし左右に入ると少しきついのです。
入れないところもあります。

基本的には下のように整地されたサイトが多く、広さは色々あります。
大抵の場所は区画が分かれているので、お隣さんへ気遣いはほぼ無いかと思います。

ひるがの高原キャンプ場のサイト

川は南北に流れていまして川沿いも可能です。
雰囲気良いがな。

ひるがの高原キャンプ場のサイト

サイトの場所は予約制ではなく、早い者勝ちです。

私たちは、北の方にある赤●あたりに決めました。

ひるがの高原キャンプ場のサイトマップ

注意点は、一番奥(北)にある戸谷園テントサイトなど一部トイレが遠くなるサイトもあるので、ご注意を。

サイトの決め方

早いもの順でサイト選びが出来ますが、出来る限りお気に入りのサイトを選びたいですよね。
そこで私の選び方を紹介します。

中央公園を北に上がる道路がメインに当たりますが、その左右にあるサイトはつかいやすく整地されたサイトが数多くあります。
①一旦はメイン道路周辺でお気に入りの場所に車を止める。
②歩いて気になるエリアの散策をする。
③②で見つかれば移動。

混雑していると移動している間に取られる可能性もあるので、タイミングは計ってください。

デイキャンプのチェックイン時間

さてデイキャンプの場合ですが、私たちは今回デイキャンプで利用です。

デイキャンプは朝9:00~でチェックアウトは16:00です。

混雑が予想される日は、あえて遅めの10時過ぎを狙いましょう。
それは、宿泊組は翌日12:00がチェックアウトなので、多くの方がいらっしゃいます。

それでも次の予定で10:00過ぎにはサイトが空き始めると予想してました。
思った通り!10:00過ぎにはよさげなサイトが空いてきます。

私たちはいったんそこそこ良さそうなサイトに駐車して、頃合いを見てさらによさげな所へ移動しました。

我が家の地味キャン

で、ここに決定。
十分ひろいスペースです。

ひるがの高原キャンプ場のキャンプ風景

焚き火は直火OKですが、私たちは都合上焚き火台を使います。

ひるがの高原キャンプ場のキャンプ風景

近くのフレッシュフーズひるがのさんで購入の飛騨牛を焼きます。

それとコシヒカリの無洗米。

ひるがの高原キャンプ場のキャンプ風景

まあ、我が家のキャンプはとにかく地味です。
映えるなんてことは気にすることなく必要最低限。

この日は、近くで車中泊して朝起きてから「そうだデイキャンプしよう!」って事で、電話予約できたから来たので、即席キャンプです。

天気も良かったしね。

こんなもんだから薪なし、食材なし、ついでにテーブルなし(こりゃ失敗)ってな感じです。

工具箱をテーブル代わりに地味キャンプ。

ひるがの高原キャンプ場のキャンプ風景

人気理由はこれだ。


途中からキャンプ場の紹介じゃなくなりましたが、人気の理由を私なりに書いておきます。

①アクセスがいい。
・ひるがの高原ICから車で10分。
②広大なのでサイトの雰囲気が選べる。
・家族連れなど周りに人がそれなりにいる場所がある。
・静かな場所や自然の空気を感じたい方にもうれしい場所がある。
・ソロキャンなど1人を満喫したい人にもうれしい場所がある。
③設備の数が多い。
・トイレや水場の数が多い。
④サイトの区画
・プライベート感が保てる造り。
⑤木々の中なので、夏には日差しが防げる。
⑥チェックアウトが遅め。
・宿泊は翌昼12:00まで
・デイキャンだと午後16:00まで
⑦お隣との距離感。
・近すぎるサイトは殆どなくプライベート感が味わえる。
(近いサイトもあるので大人数にも対応)

個人的な感想なので、これ以外にも良いポイントはたくさんありそうです。

私たちは静かで、お隣同士のしゃべり声が殆ど聞こえず、ゆったり過ごせるところが好きなのでまさにピッタリ。久しぶりにくつろげました。

ここなら車で2時間あれば来られるので、気が向いたらフラッと来ようと思うキャンプ場です。

エリア内動画

最後に、少しですが車で軽く1周した動画を載せておきますので、参考にしてください。
(音声もあるのでボリュームにご注意ください。

ひるがの高原キャンプ場さんのサイト

「フレッシュフーズひるがの」さん

お買い物した時のブログです。

https://amzn.to/3PQzKoZ

コメント