Gear

はじめての寝袋

Visionpeaks 寝袋

車中泊といっても、冬はさすがに車内は寒いです。寝袋は必需品ですね。

・・・

ネットやお店でいろいろと見ましたが、何を買っていいかさっぱり分かりません。

・・・

5℃~15℃とか使用条件が書かれていますが、いまいちどれが良いか?

・・・

車中が寒いといってもFFヒーターが付いているし、 いくらかは暖かい中で寝るので最低気温が5℃程度の商品なら行けるだろうと考えていました。

とりあえず1個買ってみることに。

購入店舗と商品説明。

そこで、実際手に取って感触も確認したいので、近所で種類の一番多いヒマラヤさんに伺いました。

・・・

特に肌に触れる内側は気持ちいい素材にしたいと思っていまして、ヒマラヤさんには見本も陳列してありましたので色々触って買ってきました!

・・・

ビジョンピークスの寝袋です。

箱のサイズは420×280×300。

写真は箱から出した時の物です。

サイズ感は箱と同じです。

専用の袋に入っています。右側に取っ手がありますので持ち運びや、倉庫などから取り出す際などはちょっと便利かも!

袋から出したところです。

ベルトでしっかりと止めてあります。

・・・

本体のサイズは長さ190×幅85。

寝相が悪い私は右に左によく動くのと、少しでもゆったり寝たいので幅が広いタイプを探していましたので、売っていた中で1番幅があるサイズがこれだったというわけです。

重量は2350gと車に入れっぱなしなので、重さはあまり気にしませんでした。

素材と手触り。

表はポリエステル

裏地はコットンフランネル

裏地はネルシャツのような手触りで、悪くないですね。

写真で質感は伝わりますでしょうか?感触は薄手のスウェードと私は思っています。

適応シーズンは、春~夏という事で最低気温については書いてありませんでしたが、手触り感や厚さなど他の商品と比べて恐らく5℃かな?と想像します。

もちろん金額的な部分も大きく、お値打ちですし最悪着込めばOKというのもありました。

ダブルファスナーなので厚い時には足を出せます。

しっかりしたファスナーです。

スムーズに動きます。

もちろんファスナーをフルオープンで敷布団にも掛布団にもなります。

キャンピングカー ベッドメイキング
キャンピングカー ベッドメイキング

片付けはちょっとコツがいる。

色々な寝袋のレビューでは袋に入らないとか、入れるのが大変という事がよく書いてあります。

こちらの商品も決して簡単!とまではいきませんが、焦らずゆっくりと空気を抜きながら丸めていけば、それほど難しくはありませんでした。

1人で十分できます。

何回か経験すると2分あれば普通に片づけられます。

使用感。(特に寒さに対して。)

さて肝心の寒さに耐えられるか?

ですが、

・・・

初めて使用したのが1月5日のアクアイグニスさんでの車中泊です。

当日は最低気温が1℃です。

FFヒーターも初めてなので適当なレベルでオン。

・・・

パジャマ代わりにadidasの裏起毛付きの上下と、ヒートテックに長袖のロンTと念のため多めに着込んで寝ました。

・・・

寝るときはまだ温泉を出たばかりなので暖かかったのですが、寒くて目覚める事はありませんでしたが、朝方は寒さで目が覚めました。

・・・

どうやらFFヒーターのレベルが低かったようです。

・・・

個人的には真冬でも車中(気温5℃程度)なら、FFヒータ無しでも寝られそうなレベルだと思います。

まあ春~夏用なので冬に使うのもどうかと思いますが・・・。

・・・

次回はFFヒーターのレベルを上げて挑戦します。


(うちの家族はFFヒーターの風が、壁に反射して当たる場所にベッドがある為、朝起きたときには2人とも半袖Tシャツ1枚で寝ていました。)

・・・

参考になるかわかりませんが、うちの家内が先立って家で使っていまして、気温が朝3℃の日でも暖房なしで冬パジャマでぐっすりと寝られたようです。

ちなみに平熱36.8℃と高めなヤツです。基礎体温も関係しますよね。

このブログのランキングはこちら。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ   
このブログのランキングはこちら。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ 

"思いつき"お出かけ旅と車中泊