旅・おでかけ 長野

「千畳敷カールを登る」-木曽駒ヶ岳と車中泊-4-

このブログのランキングはこちら。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ 

このブログのランキングはこちら。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ   

いよいよ駒ヶ岳山頂を目指して登山スタート。
登山口から直ぐの所です。 石のサイズが大きくなってきてゴロゴロ転がっています。

比較的緩やかな斜面が続きます。まずは千畳敷カールを超えて乗越浄土を目指します。

ー最初から読みたい方はこちらをどうぞー
木曽駒ヶ岳と車中泊-1-
木曽駒ヶ岳と車中泊-2-
木曽駒ヶ岳と車中泊-3-
木曽駒ヶ岳と車中泊-5-
木曽駒ヶ岳と車中泊-6-
木曽駒ヶ岳と車中泊-7- 完

既に登り始めてから10分程度経ちました。

現在朝7:15です。すでに多くの登山者がいらっしゃいます。ネットなどで調べると登山口から乗越浄土まで40分という事ですが、本当に40分で登れるのでしょうか?まだまだ先は長いです。

下の写真の中央からやや右に上がる崖を登っていきます。

人の大きさから、このスケールはご確認できますでしょうか?
いい景色です。気持ちいいい。

下の動画は登り初めのまだ歩きやすい方の登山道です。ご参考までに。

千畳敷カールを登る。(登り始めの数分です。)

中間地点辺りは落石があるそうです。下の写真のように岩が切り立っていますので、ここから落ちてくるのかもしれません。また前を行く方が踏んだ岩が動いて落ちることもありそうです。足を乗せるとぐらつく石がありますので注意しましょう。

辛いながらも真っ青な空に感動していました。

この辺りで既に1時間が過ぎています。ぜいぜいと息が切れているのは、私たちだけでなく皆さんも同じの様です。下を見ると距離感が掴みにくく見えて、ふらつくのであまり下を見ないようにします。

行く先が見えないくらい、急な斜面になってきました。このあたりまで来ると風がさらに冷たくなり汗が徐々に引いていきます。

さらにガスってきました。頂上の景色がガスで覆われる前には登頂したいですね。
しかし、この斜面を後々降りることを考えると、かなり危険ではないでしょうか?

この日の道具は。

・サック35ℓ
・1眼レフカメラを首に掛け
・望遠レンズ
・ジンバルを左手に持って
・2ℓの水をハイドレーションに入れ
・シーフードヌードル
・やかん
・シングルバーナー
・ガスボンベ
・カッパ
・コップ
・行動食少々
・携帯バッテリー
・折りたたみ傘
・ポール2本
という事で、約7kg程度を背負っています。
初心者がやる事かと後々家族に責められました。

頂上が見えてきた途端に、娘にスイッチが入ったらしく、一気に駆け上って頂上まで先に行ってしまいました。ここから先がかなり、きつかったですね。

ようやく頂上に到着しました。下を見た風景ですが登ってくる時はそれほど感じませんでしたが、改めてみると急なのが分かります。

乗越浄土にやってきました。先に行った娘は最後に振り絞った感があったのか、ぐったりと休憩していました。予定以上の1時間30分かけてここまで何とか無事登頂。揃ったところで、パチリ

さて、とりあえず休憩だ!

家族そろって登頂もなかなか感慨深いものがあります。普段の娘なら最後まで登頂できただろうか?普段はきついと逃げ出してしまっているのではないかと心配もしていましたが、やるときはやるという所を垣間見れたような気がして、娘の成長に感心する場面でもありました。

木曽駒ヶ岳と車中泊⑤へつづく

このブログのランキングはこちら。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ   
このブログのランキングはこちら。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ 

"思いつき"お出かけ旅と車中泊

コメント

Translate »