このブログは仕事に明け暮れて、年間休日50日~60日のサラリーマンが、48歳になって「家族との思い出が作りたい!」と2018年12月2日に勢いで買った10年落ちハイエースバンコンで、ほぼ思いつきで出かけた旅とキャンカーに関する全記録である。
そもそも2連休は年1、2回、休日も直前に決まることが殆ど。そのため1日の休みをフル活用するために前日の夜に出発。翌日命一杯あそぶ。そんなキャンカーライフを続けてます。


その他岐阜旅・おでかけ道の駅・SA・PA

1度は行こう!つるつる肌になる温泉 in 道の駅 荘川

ここ道の駅・荘川は、東海北陸自動車道の荘川ICを降りて直ぐの所にあり、温泉も併設していて駐車場が広くて余裕のある便利でありがたい道の駅です。

今回で2回目ですが、以前に立ち寄った時は温泉のお客さんが数人で、のんびりゆっくりできたので、今回も様子を見ながら温泉に入ることにしました。

マップ

日曜の昼過ぎですが、駐車場には車が10台ちょっと。
やはり空いています。穴場認定ですね。

[itemlink post_id=”16214″]

早速温泉に参りましょう。

桜香の湯

「桜香の湯」です。

今まで訪れた温泉の中で、1番の温泉です。
その理由をご紹介します。

選ぶ理由

うれしい点①

馬油の石鹸類がある事です。

以前、ホテル郡上八幡の温泉にも設置してありますが、肌に合っていいんですね。
本当は欲しいのですが、高すぎて買えません。

[itemlink post_id=”16028″]

うれしい点②

空いている。

この日も空いていて、温泉内の休憩室にお客さんが2人だけ中は貸し切りです。
ラッキー!
前回も数人だけでしたので、いつも空いているのでしょうか?
やっていけているのか心配になります。

露天風呂ももちろん貸し切り。

うれしい点③
ここの温泉は炭酸泉でして、入ると体中に炭酸の泡がまとわりつきます。

ぬめぬめしたお湯質で、後から肌がすべすべになります。
ここのお湯が今のところ1番気に入っています。

うれしい点④
荘川IC降りてすぐ。
これはポイント高いですね。
高速道路降りてすぐというのがサービスエリアに寄る感覚です。

うれしい点⑤
道の駅が併設している。
入浴後の食べ物は充実していますし、のんびりできます。

そして新しく知ったことがあります。
前回は気が付きませんでしたが、当日中なら再入浴が1回限り可能のようです。

ただちょっと残念なのが入浴料が730円とちょっと高めでして、貸しバスタオルと貸しタオルが強制的に付いてきます。
できればそれを無くして、600円に抑えてほしいと願っています。

道の駅

さて貸し切りで思う存分さっぱりしたところで、隣接する道の駅へまいりましょう。

家内がデザートが食べたいとの事で、軽食コーナーへ。

比較的に安い価格設定ですね。

ブルーベリーの見本の色が濃いですね。

家内は期待してチョイス。
そりゃあんなに濃くはないでしょう。

本当にあんなに濃かったら、相当すっぱそうですよね。

家内が食べている間に店内を物色。

飛騨地方の特産品は一通り揃いますね。

ちらほら品切れが目立ちます。

蕎麦でも買って帰ろうと思いましたが、残念すべて品切れでした。

野沢菜となめこのしぐれも品切れです。

自粛直後なので、在庫していないかもしれないですね。

[itemlink post_id=”16037″]

お土産には恵まれませんでしたが、貸し切り状態の温泉と空いている道の駅。

今回も立ち寄って正解でした。

飛騨地方への観光帰りには、空いてるここ道の駅 荘川を本当にお勧めします。