48歳になって「家族との思い出が作りたい!」と2018年12月2日に勢いで買った10年落ち(今は12年落ち)ハイエースバンコンで、ほぼ思いつきで出かけた旅とキャンカーに関する全記録である。
・キャンカー歴、車中泊歴ともに3年6か月。
・車中泊回数は30回。
・行った道の駅は29駅。
・走った距離は9171km。
まだまだ初心者レベルの我が家。
高校生になる娘と家族3人でキャンカーライフを楽しむはずだったんです。
そうなんです。最近は娘が付き合ってくれない。
親離れ中の娘をいかに口説くか課題の日々なのだ。



岐阜旅・おでかけ

岐阜オアシスパーク、アクア・トト・ぎふとアシカショー

岐阜オアシスパークといえば世界中の川魚の水族館として有名です。しかもここへは東海北陸自動車道の川島パーキングエリアと併設されていて、そのまま歩いて入れるのです。規模は今でもどんどん広がっていて、知らないうちに施設が増えるので今後にも期待できます。今回は水族館とアシカショー(動画)もご紹介します。

ではメインイベントのアクア・トト・ぎふへ入っていきましょう。

こちらは世界の淡水魚だけを集めた水族館です。
まず初めはゾウガメが出迎えてくれます。こちらでは餌付けができます。

注意!

進んでいくと、記念写真を撮っていただけます。小さく映る写真は無料ですが、大きめの台紙付きになると1100円となります。

いらない人は、「前回買いましたので、今回はいいです!」といって優しくお断りしましょう。

こちらは1100円verです。
ポイント!

水族館のバックヤードツアーもあるようです。入るまで気づかなかったので、希望される方は入る前に1Fインフォメーションへどうぞ。

水族館へ。

それでは水族館の中に入っていきます。エレベーターで4階まで進みます。

最初は長良川の上流に住む魚から河口に住む魚まで展示してあり、その後は中国、メコン川、アマゾンと世界の淡水魚の展示へとつながっていきます。

まずは日本の川魚から進んでまいります。

渓流に住むイワナやアマゴ、ニジマスの展示です。

オイカワ、ウグイ、うなぎなど身近な魚も展示してます。

水槽中は水の上にも自然の様子が細かく作られていて自然さながらの風景です。

ここからは世界の淡水魚です。

ピラルク、ピラニア動画をどうぞ。

アクアトト岐阜
アクアトトぎふ

企画展。美しきカエルの世界。

美しきカエルの世界です。

美しいモノには棘があるということで、カエルの世界にもあるようで、ご覧のヤドクガエルですがカラフルなカエルですね。

ググると色々なカラーリングのヤドクガエルが存在してます。

タコにもヒョウモンダコというカラフルなタコも猛毒で有名ですね。

これらカラフルな動物は基本的に触ると危険を意味のようで敵に知らせる意味があるとか?きれいなものは触らない方がいいという事ですね。

・・・

毒ガエルだけでなく、可愛いカエルも展示されています。

意外や興奮アシカショー。

つづいてはアシカショーです。

出来る限り最前列をオススメします。
ショーの途中でアシカが目の前50cmくらいのところまでやってくるので、興奮しますよ。

ショー全体を見たい方は、フェンス越しになるので3列目くらいがいいと思います。

目の前50cmに来たところです。

映像をノーカットでどうぞ!

アクアトトぎふ アシカショー

いかがでしたか、なかなかかわいくてお利口さんですね。
以前見た時とはストーリーが違うような気がします。まあ8年も前なので当たり前ですが、内容は適宜変わりますよね。

レストランへ。

お昼も過ぎたところなので、お腹が減ってきました。館内にあるレストランは既に満席です。

仕方ないのでパーキングエリアにあるラーメン屋さんへ。こちらも満席でしたが、タイミング良く席を確保できました。週末でPAと隣接しているだけあって、どちらからもお客様が入り店内は狭い為、かなり混雑しています。

私は、高山ラーメンのチャーシュー麵をいただきました。

参考までにメニュー表です。

ラーメン、定食、カレーで 約60種類はありますね。正直悩みます。
それもあって券売機の前で悩むお客様もいらして中々前に進めない状況もあるようです。時間には余裕をもって行かれることをお勧めいたします。

結局、日本の川魚を見て勉強するつもりが、すっかり忘れてしまい、単純に水族館を楽しんでいました。再度戻るわけにもいかないので、また遊びに来ます。

オアシスパークのブログはこちら

オアシスパークのサイトはこちら

アクアトト岐阜産のサイトはこちら