2018年12月2日、48歳で勢いで買った10年落ちハイエースバンコン。このブログは、そのキャンカーと旅に関する全記録である。
・キャンカー歴、車中泊歴ともに3年10か月。
・車中泊回数は35回。
・行った道の駅は33駅。
・走った距離は10,839km。
高校生になる娘と家族3人でキャンカーライフを楽しむはずだったんです。
しかし娘は親離れ真っ最中。適度な距離感を持ちながら、どう誘うか課題の日々なのだ。
旅・おでかけ長野

上高地 さわんど 駐車場 車中泊 利用の時は注意。上高地と車中泊2-1

上高地へ入る際に車を止める駐車場の沢渡(さわんど)。
こちらに駐車する際の注意点があります。それは時間帯が重なる帰りの渋滞です。
タイミングによっては中々出られなくなります。このブログはさわんどの駐車場の紹介と、車中泊の様子、それと帰りの渋滞のかわし方を書いてあります。
さわんど駐車場を利用する方は必ず見ておいてください。

昨年の8月に上高地へやってきまして、その時の景色が忘れられず今年は紅葉を見にやってきました。

ここさわんど駐車場を利用する際には、利用した事がある人にしか分からない注意点があります。

その注意点も書き留めておきますので、是非最後まで読んでください。

・・・

私は名古屋➞関➞高山の順でやってくるので、本当ならあかんだな駐車場が近いわけですが、でもざんねんですが朝3:30からしか開かないのです。

前日入りする私たちは、さわんどへ行って車中泊して睡眠時間をしっかりとりたいので、今回もさわんど駐車場です。

さて、今年は日本全国でクマが多く出没しています。
上高地は元からクマの目撃情報が多いのでさわんど駐車場もなぁと気にしてました。

・・・

というのも、さわんど駐車場(バス停に近い第3駐車場)のトイレ周辺は誰もいません。

夜中は当たり前といえばそうですが、下の写真を見てください。

トイレはこの上にあるため、その周辺は特に静まり返っています。

駐車場からは、このトンネルを潜って階段で上がるとトイレです。

夜中のトイレ中にクマでも出たら、しゃれにならんということです。

・・・

とりあえず、駐車場に入れる前にトイレの横に車を止めて絞りつくしてきました。

・・・

灯りこそありますがねぇ。静まり返っています。

トイレ内は、このところ頻発している地震のせいで水が漏れてるようです。

目の前の張り紙でも読みながら存分に振り絞ります。

これで朝までもてばばっちりです。

・・・

駐車場に止めました。駐車料金は後払いです。

ボケててすみません。

駐車場は2段に分かれていまして、上段は9割埋まっています。

この中には車中泊の車も多くいるでしょう。

・・・

今の気温です。ちょい寒いくらいでgoodです。(10月24日)

今年は暑さが長引き、名古屋では今頃まだ暑く気温は日中で20℃を超えます。

・・・

さて、とりあえずいつもの晩酌と行きましょう。

行きの長良川SAで買った「起き上がり最中」です。

最中に最近はまっています。

・・・

・・・

朝5:30に家内にトイレで起こされました。

その時の写真です。

下はトイレ帰り、車はぎっしり満車です。

外に置いといた温度計です。

昨夜からはそれほど下がっていませんが、寒さを感じます。

・・・

とりあえず朝食を食べて

出発です。

・・・

今回はバスで向かおうと思いましたが、ちょっと混んでいます。

もう1回待たないといけないようなのでタクシーに変更。

バスだと片道1300円/1人。タクシーだと片道4600円/車。なので4人ならタクシーの方が安いですね。

・・・

前回もでしたが、この日もタクシーを呼んで、5分も待ちませんでした。待ち時間はあまりないのでしょうか?ありがたいですね。

・・・

こうして上高地へと向かったわけですが、さわんどではクマに出会う事もなく、無事に過ごせました。

・・・

この駐車場の注意事項!!

下の青い破線が渋滞します。料金所を左に抜けていくわけですが、上の駐車場からだと渋滞の列に割って入る事になりますので私としてはちょっと気が引けます。
私の様に気が小さい人は、下の駐車場に止めましょう。(ここは段差になってる駐車場です。)

こちらは昨年夏のさわんど駐車場のブログです。

上高地へのアクセスサイトはこちら

このブログのランキングはこちら。
いずれかクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ_にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
_

このブログのランキングはこちら。
いずれかクリックして応援お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ_にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ__

"思いつき"お出かけ旅と車中泊

コメント