2018年12月2日、48歳で勢いで買った10年落ちハイエースバンコン。このブログは、そのキャンカーと旅に関する全記録である。
・キャンカー歴、車中泊歴ともに3年10か月。
・車中泊回数は35回。
・行った道の駅は33駅。
・走った距離は10,839km。
高校生になる娘と家族3人でキャンカーライフを楽しむはずだったんです。
しかし娘は親離れ真っ最中。適度な距離感を持ちながら、どう誘うか課題の日々なのだ。
Gear

自分の使い方をしっかりと考えてキャンプテーブルを選ぼう。

キャンプテーブルって、どれにしようか結構迷われる方が多いのではないでしょうか?私も悩みました。大きいと扱いにくいし、小さいと足りないし。色々なシーンを考えて選びました。 そこで私が選んだ基準など参考になればと思いまして、こちらでお伝えしたいと思います。

テーブルの条件。

1、高さは2段階にできる物。
2、折りたたんでコンパクトになるもの。
  (小さいというよりは、車に積んでも邪魔にならない形になるもの)
3、少しでも軽いもの。
4、値段に納得がいくもの。
5、ジャグ、ガスコンロ、食材などが乗るサイズ。

こんな感じです。
そのほか、耐荷重・安定性・設置が簡単などあると思いますが、頭の片隅に置い
上記5つをメインに探しました。

私が選んだのは、 こちら!

サウスフィールドのキャンプテーブルです。
目安の5つの要素はクリアーしています。

中身はこんな感じです。

組み立て。

とりあえず組み立ててみる事にしましょう!

まずは脚です。

広げるだけで形になりますので簡単です。
次はテーブルの支えになるバーの組み立てです。

穴を合わせて差し込みます。

穴を脚にある突起部分に差し込みます。

天板を取り付けます。下の写真は、天板をひっくり返した写真です。

天板の黒い部分を脚に取り付けたバーの突起部分に差し込みます。
左右取り付けると出来上がりとなります。

といたって簡単なテーブルです。慣れれば2~3分程度で組み立てられます。

いくらか安定性に欠ける気もしますが、他のメーカーの商品も同じような感じでしたので、良しとしました。

片付ける時に注意してほしいのは、この手のテーブルは折りたたんでコンパクトになるタイプですので、たたむ際に手を挟む可能性がありますので、十分注意してください。
お子様には触らせない方がいいかもしれません。

サイズ

・大きさは天板サイズで110cm×70cm
・高さは70cmと38cmの2段階
・収納時は72cm×20cm×18cm
・重さは、アルミ製なので幾分軽く4.4kg
・耐荷重は20kg

私は気にしていませんが、簡単にキズがついてしまう点は気にされる方はいるかもしれません。アルミなので強い衝撃だとへこむ可能性もあります。

収納に関してはキャンピングカー内に入れる時に、2つ折りタイプですと、板状になるわけですが意外と邪魔になりそうです。こちらの商品はコンパクトに丸めますので、棒状になる方が車にしまいやすそうな気がします。(結果的にはこちらで良かったです。)

いずれにしてもイス同様に実際に見て触って確かめることをお勧めします。その際に、乗せる可能性のあるキャンプ用品等をイメージしておきましょう。
この季節になるとスポーツ用品店ではキャンプ用品が拡大され見本陳列が増えますので
容易に比べられると思います。

耐久性について

かれこれ2年以上になりますが、全く問題なく使えています。

耐荷重20kgって最初は少なって思っていましたが、意外や意外。大丈夫です。
テーブル一杯の料理、ガスコンロ、時にはジャグ3リットルとか載せていましたが、今でも現役です。

参考になりましたら嬉しいです。

その他のキャンプ用品ブログはこちら

このブログのランキングはこちら。
いずれかクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ_にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
_

このブログのランキングはこちら。
いずれかクリックして応援お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ_にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ__

"思いつき"お出かけ旅と車中泊

コメント