Car グッズ

キャンピングカーの換気扇は必須アイテム!?

このブログのランキングはこちら。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ 

このブログのランキングはこちら。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ   

キャンピングカーの屋根に生えてるキノコの様な出っ張りや、お餅のようにふっくらと膨らんだ形など、メーカーやタイプによって様々ある換気扇ですが本当に必要なのかと考えものです。換気扇なのでおよその恩恵は想像つきますが、あえて詳しく書いていきたいと思います。

私のハイエースにはMAXFANがついていますので、こちらで説明していきます。

  1. 外観
  2. 操作方法
  3. 使用感 (換気、静粛性など)
  4. 設置場所
  5. まとめ

1.外観

締めた状態です。高さ13cmあります。

こちらは開けた状態です。高さは24cmになります。

そろそろ洗おう!

車の天井に設置する場合が殆どですが、なんとも見た目が悪くなります。

スクエアな車体でシャープさが売りのハイーエースですが、換気扇があると今一です。

駐車場の制限や、見た目のかっこ悪さが気になる方は設置するか考えますね。

2.操作方法

こちらは車内からの全体写真です。色々とスイッチがついています。

まずは、換気扇の開け方です。
下のハンドルを時計回りに回すと閉じて、逆方向で空きます。
そしてハンドルを押すとロックされ引くと解除されます。

こちらはスイッチ類です。

各スイッチを押すと「ピッ」と音が鳴ります。

・ON/OFF
  ごく普通に電源です。押すたびに切り替わります。
  スイッチが入ると最後に切った時の設定で回りだします。

・IN/OUT
  風向きの切り替えスイッチになります。
  家庭の換気扇は室内の空気を外に出すものですが
  このMAXFANは、車内に取り入れることもできます。
  外気を取り入れている最中に、押してもちゃんと切り替わりますので
  いちいち電源を切らなくても良いところはありがたいですね。

・AUTO
  サーモスタットの設定温度でスイッチがON/OFFします。
  設定温度になるとスイッチが自動で入ります。
  ファンの回転は温度によって自動で調整されます。
  設定温度は華氏78°Fという事で、約26℃がデフォルトです。

・+-ボタン
  ファンの速度を調整できます。 
  10段階調整です。
  最速、最低スピードになった時に音が2回なります。
  オートの時には押すたびに0.5℃ずつサーモの温度調整ができます。

なかなか賢いとおもいませんか?

3. 使用感 (換気、静粛性など)

用途は、
・車内のにおいを外に出す。
・温度調整をする。
・車内の空気を循環させる。

とまあこんな感じでしょう。
車内のにおいは、おならではなくて料理をすると車内に臭いがこもるので(おならもこもりますが)それを強制的に外に排出します。

車内の匂いで特に気になるのが料理中です。実際料理中は気にならない時もありますが、一度外に出てから入ってみると、とんでもないくらい臭う事があります。

料理によっては2日程度においが残ることもあります。

温度調節は、夏場は外の空気を車内に取り込んで空気を冷やす場合によく使います。ただし真夏の熱帯夜で涼しくするために換気扇を強くするとうるさくて寝れません。私たちは、寝る前からしっかりと空気を取り込んでサイドガラスの網戸に充電式扇風機で空気を外に出して循環させ車内を冷やしておきます。

寝る時はオートではなく、適当な風量にして朝まで回しっぱなしです。

これで、夏場に暑くて寝られないという事はありませんでした。(そもそも夏場は標高が高いところに行くようにしています。)

車内の空気を循環させるのは、冬なんかに車内が温まった時に換気扇のフタ(ベントルーフというらしい)を開けないで軽く羽を回し天井に溜まった暖かい空気を循環させます。

4.設置場所

基本は天井に設置する事がおおいですが、設置場所にお勧めする場所があります。
・ダイネット(座る所)の上
・後ろにベッドがあるなら、その上

私のはダイネットの上にあります。
下の写真のように座ったままスイッチが押せるのが楽です。

後ろのベッドで寝る際に、換気扇のコントロールをしたいとなれば、後方に設置もありかと思います。

最近はリモコンタイプもあるので、この限りではないかもしれませんが参考までに。

5.まとめ

以上の事から、換気扇は必須アイテムだと思います。
車内の料理でも使えますが、やはり換気と温度調節の恩恵が大きいですね。

夏の車中泊なんかでは、夜寝る前にくつろいでいる間の1時間程度で、そこそこ車内は冷えてきます。(標高800m以上ですとより差が分かってきます。)
それに防犯上、窓を全開に開けっ放しで寝るのはちょっと考えますしね。

ポータブル扇風機なんかで色々と試されてみてもいいと思います。その場合は出来れば2台あれば、空気を出し入れで使って強制循環が出来るといいと思います。

最近は車中泊グッズが進化しているので、これからの季節に向かって色々と出てきそうで楽しみです。

このブログのランキングはこちら。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ   
このブログのランキングはこちら。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ 

"思いつき"お出かけ旅と車中泊

コメント

Translate »